2010年1月生まれ。ボストンテリアの男の子と女の子の成長日記です

instagram 最新フォト
プロフィール
leon.jpgLeon venus.jpgVenus
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
↑ポチッとワンクリックお願いします!
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category List
CssTagCloud

EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  EF70-200mmF4.0L_IS_USM  EF50mmF1.8II  Galaxy_S  EF100mmF2.8Lmacro_IS_USM  LUMIX_GF1  ムービー  EOSkissX4  SIGMA50mmF1.4_EX_DG_HSM  XPERIA  スライドショー  EFS18-55mm_IS  

Access Counter
エリザベス
eli_photo.jpg
Mail Form

name:
mail:
title:
text:

Link
Twitter

Twitpic from Mobilephone
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぶらり八ヶ岳 その1
Category: Trekking & Travel   Tags: EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  EF70-200mmF4.0L_IS_USM  
IMG_0021.jpg
iPAD2での記念すべき一枚目の撮影





すでに一ヶ月以上も前のことになりますが、八ヶ岳に登ってきました。

美濃戸-行者小屋-文三郎尾根-赤岳ー赤岳頂上小屋泊-横岳-硫黄岳-赤岳鉱泉-美濃戸の一泊二日縦走コース。

↓まずは登る気になったプロモ映像から



いいですよ、八ヶ岳。
2899mという標高は日本アルプスと富士山以外の独立山塊としてはもっとも高く、その展望の良さとルートのバリエーションから八ヶ岳ファンも多いですよね。

IMG_1467_20111203033550.jpg

さて、今回は美濃戸口から赤岳を目指すポピュラーなルートで行きます。健脚な人なら日帰りでも行って帰ってこられるらしいのですが、非常に道草が多いという僕の登山スタイルではとても無理(笑)



IMG_0467.jpg

紅葉のピークだった美濃戸から入山。
ちょっと暗いくらいから登り始めるぞと前日まではかなりやる気でヘッドランプも用意しておいたのに、毎度の寝坊でスタートは9時です orz

IMG_0459_20111203033923.jpg
登山道入り口

IMG_0468.jpg

しばらくは沢沿いの道を何度か沢を巻きながら登って行きます。

IMG_0471.jpg

林の中で展望はなく、緩やかで単調な道ですが、

IMG_0474.jpg

やがて苔だらけの風景となり、トトロの世界みたいで面白い。

IMG_0516_20111203034426.jpg

IMG_0533.jpg

IMG_0560.jpg

IMG_0566.jpg

やがて前方の展望が開けると八ヶ岳の主峰群が姿を現します。
※ご存じの方も多いと思いますが八ヶ岳という山はありません。主峰赤岳を中心に横岳・硫黄岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・峰の松目・西岳などの山塊を総称して八ヶ岳と呼んでいます。

IMG_0578.jpg
赤岳

IMG_0530.jpg
横岳

スタートして2時間弱で中継点の行者小屋に到着。
シーズン中はテント場として賑わう行者小屋も、すでに営業を終了しており寂しいものでした。テントが1張あっただけ。

IMG_0602_20111203035453.jpg

さて、ここから厳しい登りに入るよ。



つづく




にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
↑ポチっとワンクリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : We Love★ボストンテリア    ジャンル : ペット


冬空
Category: Trekking & Travel   Tags: EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  
ホットカーペット出しました。
床にへばりつきの毎日です(笑)

IMG_2568-2.jpg

IMG_2520-1.jpg

IMG_2489-1.jpg

こうやって、すぐにどこかに潜りこみたくなるところを見ると、
こたつを出してあげたほうがいいのかなあ?
でも、こたつ出すとこの人達以上に飼い主が動かなくなるからなあ(汗)


さて、


しし座流星群のあった先週、
星空を見にぶらりと小淵沢へ。

IMG_2613.jpg

周りに明かりのない真っ暗闇の中で夜空を見るのは久しぶり。

IMG_2610.jpg

夜明けまでわずか1時間ちょっとでしたが、特大の流星もひとつ見ることが出来ました。



IMG_2642.jpg

月は本当に明るかった。
東京で見る月とは全然違いますな。

IMG_2636.jpg

また星空を堪能しにこよっと。




View Larger Map




にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
↑ポチっとワンクリックお願いします


テーマ : We Love★ボストンテリア    ジャンル : ペット


百名山の旅 木曽駒 その2+宝剣岳
Category: Trekking & Travel   Tags: EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  EF70-200mmF4.0L_IS_USM  
ボステリフェスタ行って来ました!
今回で2回目の参加となったボステリフェスタ。一年ぶりにあんじちゃんドットちゃんと再会できて、おじさんはとっても嬉しかったよ~
でも慌ただしい中で終わってしまって写真が全然ない(涙)。

201111.jpg
ポートレート仕様のカメラセッティングで準備万端だったんだけどなあ…


さて、前回の続き。
道を間違えたとは言え登山開始からまだわずか1時間。全然余裕です。

乗越浄土から左に折れると眼前には宝剣岳(2931m)が目と鼻の先にあります。

IMG_9821_20111107212519.jpg
峻険な山頂を持つ岩山。

分岐から往復1時間ってあるけど、もっと近い印象。

IMG_9818.jpg


お隣にあるのは三ノ沢岳(2847m)。主稜線からはずれた独立峰的な山ですが登る人はそんなにいないのかな?

IMG_9812.jpg
木曽駒よりも形がタイプ。


山ガールも元気いっぱい!(笑)

IMG_9815.jpg


中岳を越えると、やっと木曽駒の山頂が姿を現します。と同時に木曽御嶽山、北アルプス方面の展望が一気に開けてなかなか感動的な光景。

IMG_9827.jpg

山頂は結構広そうです。

IMG_9830.jpg

木曽谷を挟んで鎮座する御嶽山(3067m)

IMG_9833_20111107213816.jpg

御嶽山の山頂ははるか昔に噴火で吹っ飛んだため富士山のような形となっています。山頂がなくなっても日本14位の標高ですが、もしあったとしたらどれくらいの高さだったんでしょうかね。

IMG_9836.jpg

北アルプスの主峰群も見えてきました。

IMG_9857.jpg

ガスの来襲を受けつつも

IMG_9860.jpg
IMG_9866.jpg

あっという間に山頂到着。

IMG_9932.jpg
IMG_9881.jpg
IMG_9872.jpg

ロープウェイを使えばハイキング感覚でお手軽に3000m級のハイキングが体験できる木曽駒ですが、昔ながらの木曽谷・伊那谷からのクラシックコースや空木岳や仙涯嶺方面への大縦走などハードなコースもたくさんあります。

そして、中央アルプスらしい360度の大パノラマ。この日は少しもやがかってしまいましたが、北ア、南ア、立山、八ヶ岳と付近の山は全て見渡せました。

IMG_9886.jpg
IMG_9887.jpg
IMG_9893-1.jpg
IMG_9898-1.jpg
IMG_9902.jpg

空気の状態がイマイチで写真が見づらいですが、肉眼での眺望はなかなか壮観でしたよ。日帰りで楽勝な山だけど、小屋泊まりで朝日とか星空を見てみたいと思いました。

帰りは宝剣岳にちょっと寄り道。

IMG_9980.jpg

鎖場はありますが、まあ全く問題ない感じ。巻いていくように登って行きます。途中で三ノ沢岳・空木方面への分岐もあります。

IMG_9959.jpg

写真だと高度感があまり感じられませんが

IMG_0031.jpg

落ちれば軽く死ねる


それにしても、山ブログはなかなか面白く書けないなあ。
修行あるのみです(´・ω・`)ショボーン


次回は八ヶ岳編です。
どんどんタイムラグが大きくなっていきます(笑)


テーマ : We Love★ボストンテリア    ジャンル : ペット


百名山の旅 木曽駒 その1
Category: Trekking & Travel   Tags: EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  EF70-200mmF4.0L_IS_USM  
元気です!

IMG_0274.jpg

以上



甲斐駒の次はお手軽登山の木曽駒ヶ岳に行って来ました。
10月の13日頃だったような気が。もう一ヶ月も前のことになるんですか、そうですか(笑)

中央道をかっ飛ばして駒ヶ根へ。
インター降りてすぐのバス停に俄然やる気を見せる私。

女体入口

インターから数分で菅の台バスターミナル。この先はマイカー規制されているのでここからバスに乗り換えます。
バスに揺られること約40分でロープウェイ乗り場に到着。

IMG_9687.jpg


ロープウェイで10分弱で千畳敷に到着します。
木曽駒ヶ岳の標高は2956mですが、あっという間に2612mの千畳敷です。森林限界も突破してます。
こんなに楽でいいの?という感じですが、その代償としてバスとロープウェイの運賃は往復で3800円もします(´・ω・`)ショボーン

IMG_9728.jpg

さて、そんなこんなで晩秋の風情漂う千畳敷へ到着。ロープウェイの駅がホテルになってるので、レストランや土産物屋もあるし携帯もつながります。登山者以外にも千畳敷を散策するだけの軽装の人も多くて結構なにぎわい。

駅を出るとすぐに千畳敷カールと宝剣岳が目に飛び込んできます。ここも初夏は一面の花畑になるそうですね。

IMG_9734.jpg

駅の裏手は展望台になっていて、南アルプスの端から端までが一望できてしまうナイスなビュースポットとなっています。

IMG_9695.jpg

甲斐駒様だけアップで撮ってみた。

IMG_9716.jpg



そんなこんなで準備運動して登山開始。
千畳敷カールの遊歩道を抜けて斜面に取り掛かります。右に左に細かくトラバースしながら少しずつ高度を稼いでいく富士山形式の登山道。僕の最も苦手とするところです(笑)

IMG_9761.jpg


IMG_9746.jpg

まあ、振り返ればこのような景色が眺められるので、単調作業も苦にはなりません。

IMG_9750.jpg




約50分で乗越浄土と呼ばれる稜線上の拓けた分岐点に到着。

IMG_9776.jpg

ここから千畳敷カールを見下ろすように稜線を歩いていきます。

IMG_9794.jpg

あれ?この先稜線がひたすら下ってるけど…

IMG_9803.jpg

スイマセン。道間違えました(笑)
伊那前岳という何もない山の山頂に立ちながらしばしの休息。

IMG_9806.jpg

まあ、見晴らしのいい気持ちのいい稜線歩きだったのでヨシとしましょう。
下山してしまう前に気づいてよかったです(笑)

IMG_9776-1.jpg
(道標はよく読みましょう)



続く!

テーマ : We Love★ボストンテリア    ジャンル : ペット


甲斐駒
Category: Trekking & Travel   Tags: EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  EF70-200mmF4.0L_IS_USM  
IMG_0071.jpg
相変わらず元気ですよー
レオン8.8キロ、ヴィーナス5.1キロ。


で、前回の続きです(って前回の記事ってもう一ヶ月くらい前?)

IMG_9560.jpg
宿泊は北沢峠の長衛荘に。

IMG_9204.jpg
下界の山小屋なので設備も整っていて快適でした。

IMG_9431.jpg
カレー続きだった山飯もご覧の通り。まあ、山では何を食べても美味しいんですけどね(笑)

ご飯食べたらすぐに寝て、翌日は3時に他のお客さんの物音で目が覚めました。
が、まさかの2度寝で起きたら6時前。5時前に出発して途中で日の出を見る予定だったのですが、まあ気を取り直してあわてて出発。

IMG_9437.jpg

沢沿いの道をテクテク歩き、途中からはゴツゴツした岩の転がるところに出ました。登山道がわかりにくかったなあ。

IMG_9440.jpg

徐々に標高を上げていくと展望が開けて仙水峠に到着。

IMG_9443.jpg

あと3時間か…
昨日の仙丈ヶ岳の疲れが抜けていないので、めちゃくちゃ足取りが重いです。

IMG_9446.jpg

左に折れて駒津峰の斜面に取り付きます。
標高400mほどを一気に登り切る急登。
休憩取らずに登り切ったほうが楽だったなあと思えるほどの長く感じる斜面でした。

IMG_9447.jpg

森林限界を抜けて視界が開けるとすぐに駒津峰(2740m)山頂。

IMG_9453.jpg

目前には甲斐駒ケ岳と

IMG_9456.jpg

摩利支天。摩利支天はロッククライミングとかで使われているのかな?
落ちると軽く死ねる絶壁ですね。

IMG_9457.jpg

振り返ると、昨日登った仙丈ヶ岳の3000m級とは思えない大らかな山容。

IMG_9463.jpg

東に目を転じると雲の猛攻を食い止める北岳。

IMG_9470.jpg

甲斐駒ケ岳へは、駒津峰から一旦コルへ降りて200mを直登します。

IMG_9478.jpg

なんでこんな大きな岩が山のてっぺんにあるの?という六方石。

IMG_9485.jpg

取り付き部に到着しました。もはや疲労マックスだったので、荷物をその場にデポして岩稜直登に取り掛かります。摩利支天方面へ巻いていく道もありますが、もう緩やかな道は登りたくない。手も使ったほうが楽そうだという間違った判断(笑)

000001.jpg

見ての通りの絶壁です。

岩稜にへばりついて約10分ほどで強風とともに韮崎方面から雲の来襲を受けました。
視界ゼロ(涙)
結局山頂に上がっても視界が開けることはなく、帰りのバスの時間もあるので下山を余儀なくされました。
途中道においてきたザックにカメラとかも残してきたので、晴れてたら晴れてたで深い後悔(もしくは取りに戻って再アタック)という涙目状態だったんですけどね。甲斐駒はリベンジ必至の山となってしまいました。うん、また来よう。
かの深田久弥をして「百名山を十に絞り込むとしても甲斐駒だけは外せない」と言わしめるほどの南アルプスの名山。何度でも登りたいものですね。


↓なんなのでイメージ映像(笑)

000002.jpg

000003.jpg

標高2967m。山頂からは鳳凰三山と富士山、仙丈ヶ岳、北岳、赤石岳、八ヶ岳連峰などがよく見えます(晴れてれば…涙)


今回は山でまともにデジイチを使うのは初めてだったため、いまいちな写真を量産してしまった。露出・構図はもとより、近隣に座する山々の写真が全然撮れていなくて・・・次回以降の課題ですな・・・


甲斐駒・仙丈のプロモ映像です。これみて、ここに登る気になりました(笑)
山写真は見ていて「お、登りたい」と思わせるようなのが好みです。
これくらいの画が撮れるようになりたいなあ・・・






次回、木曽駒ケ岳編へ続く





近況報告(また登山編)
Category: Trekking & Travel   Tags: EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  EF70-200mmF4.0L_IS_USM  EF100mmF2.8Lmacro_IS_USM  
相変わらず元気です!

IMG_8442.jpg

以上。



さて、

10月の頭に南アルプスに行ってきました。
北沢峠に宿泊して1泊の仙丈ヶ岳&甲斐駒ケ岳登山。
逆の順番で登ればよかったかな。2日目の甲斐駒、疲れが残ってると結構辛かったっす。

IMG_9202.jpg
秋晴れの北沢峠。

IMG_9205.jpg
バスを降りるとすぐに仙丈ヶ岳への登山道が始まります。

IMG_9212.jpg
5合目すぎまでは樹林帯の中。道も広くて傾斜もそれほどでもなくとても歩きやすいです。

IMG_9213.jpg
天気が良くて気持ちいい!

IMG_9220.jpg
5合目。この辺りだとまだ暖かくて半袖でも大丈夫なほどでした。午前中のまだ早い時間だというのに下山する人とたくさんすれ違う。ご来光見に行ったのかな?

IMG_9214.jpg
紅葉の間から北岳がこんにちは。日本で富士山に次いで2番目に高い山ですが、地味な名前と相まって一般の知名度はそんなに高くないんですよね(笑)

IMG_9223.jpg
6合目過ぎから森林限界が近づいてきて展望が開けてきます。振り返ると甲斐駒ケ岳。美しい…

IMG_9237.jpg
登山開始から2時間で稜線に出ました。

IMG_9277.jpg
気持ちいいくらいの秋晴れ。

IMG_9284.jpg
小仙丈ケ岳(2855m)に到着です。

IMG_9280.jpg
そんなに登ったって意識はないんだけど、やはり2800mもあると袋物はパンパン(笑)

IMG_9243.jpg
甲斐駒ケ岳を見ながらしばし休憩。

IMG_9281.jpg
山頂が白いのは雪ではなくて花崗岩です。
ほんと綺麗。

IMG_9306.jpg
山頂まではもう少し。仙丈ヶ岳は高山植物の宝庫。春~夏先にかけてはこのカールと反対側の薮沢カールがお花畑になるそうです。今度はその頃に来たいなあ。

IMG_9324.jpg
途中多少の岩場はありましたが、なだらかな稜線を歩いて行くとやがて山頂。結構狭い。

IMG_9346_20111018015742.jpg
仙丈ヶ岳(3033m)山頂。着く頃にはだいぶ雲も出てきてしまい風も強くなってきました。寒っ。
中央アルプス方面の木曽駒、御嶽山がかろうじて見えた。

IMG_9363-1.jpg
北岳の稜線の向こうにヤツの姿が(笑)

IMG_9390.jpg
この後、甲斐駒は雲に覆われてしまいました。

IMG_9327_20111018015923.jpg
帰りは薮沢から。

IMG_9404.jpg
仙丈小屋の水場で補給。冷たくて気持ちよかった~!

IMG_9408.jpg
薮沢小屋の前をトラバースして下山しました。熊でも出そうな雰囲気だったです。一人だと結構心細くて、コースタイムを大幅に上回るスピードで下山( ´ー`)

IMG_9414.jpg
山頂で2時間近くボケーーーーーーッとくつろいでいたため、降りる頃には暗くなりかけてました(笑)
休憩時間を除くと、往復で7時間弱くらい。


北沢峠の長衛荘に泊まって、明日は甲斐駒ケ岳を目指します。



つづく。




↓だんだん山ブログ化してますが、ポチッとしてもらえるとワンコが降臨します。
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
↑ポチっとワンクリックお願いします



Hi!!, thanks for your access via Twitter.
Best Regards this blog "The growth diary of Leon and Venus"!
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
participate in the blog ranking. Please click this banner.




近況報告(笑)
Category: Trekking & Travel   Tags: EOS7D  EFS15-85mmF3.5-5.6_IS_USM  
生きてますよー

3年ぶりに富士山に登って来ました。
もうシーズンも終わりなので山小屋もほとんど閉まってしまっていましたが、なんとかツアーに潜り込んで決行。
これがまた9月とは思えない好天で、気温も高くて今までで一番コンディションのいい中で登ることが出来ました。

IMG_8081.jpg

女子率高し。
終了しているツアー会社も多く、団体さんは3グループほど。山頂まで全く渋滞しませんでしたね。


IMG_8124.jpg

七合目から夕方の影富士。


IMG_8143.jpg
IMG_8140-1.jpg

八合目で泊まって、90分ほどで山頂へ到着。

IMG_8153.jpg

山頂の気温はこの時期にしては高くて2度でした。風速10mちょっと。

IMG_8183.jpg

だんだんと空が白み始めて、

IMG_8179.jpg

日の出は5時18分。

IMG_8237.jpg

この瞬間のために何度も富士山に来てしまう(笑)

IMG_8246_20110920170637.jpg

日本一のパワースポットで日本一のサンビームに照らされ、久しぶりの充電完了です。

IMG_8259.jpg

ありがたやー

IMG_8260.jpg





お鉢巡りの途中で朝の影富士もくっきり。
夜の月光に照らされた影富士も見ることが出来、珍しく影富士全制覇です。これは縁起が(・∀・)イイ!!

IMG_8298_20110920172049.jpg


年々インターナショナルなお客様が増えていく富士山、しかし今年はもろもろの影響があってか外国人の姿はほとんど見ませんでした。山頂がこんなに空いていたのは初めてで、おそらく数百人くらいしか居なかったはず。
微妙に時期を外した富士登山、癖になってしまいそうです(笑)

IMG_8303.jpg

IMG_8329.jpg

tenfoursixの登山ブログ(えっ?)、次回は生きて帰ってこれるか!?秋の剱岳の巻
20040801turugi09.jpg
(((( ;゚Д゚)))



↓一応ランキング参加中ですw。押してもらえると次回の更新がちょっと早まるかも!?
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
↑ポチっとワンクリックお願いします



Hi!!, thanks for your access via Twitter.
Best Regards this blog "The growth diary of Leon and Venus"!
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
participate in the blog ranking. Please click this banner.

テーマ : We Love★ボストンテリア    ジャンル : ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。